営業時間
9:00〜12:00/13:00~17:00
営業日
平日(月曜~金曜)

お問合せはこちらへ

0778-23-7733

院内感染、対策していますか?

「歯医者って、病原菌がうつりやすい職業なんですよ。一番危ないのは、毎日、不特定多数の患者さんの口腔に接しているあなたです

はなだ歯科クリニック
花田真也院長

インタビューにご協力頂いたはなだ歯科クリニックの花田先生は、全国の歯科医さんに伝えたいこととして、こう仰っていました。

院内感染予防は、患者さんを守るだけでなく、処置を行う先生や歯科衛生士さん、スタッフさん、そしてその皆さんの家族を守るということです。

意外なメリットもある、院内感染予防

院内感染予防を行うと、どのような効果があるのか、実際に院内感染予防を熱心に取り組んでいらっしゃる歯科医院さんの実例をもとに、ご紹介致します。

患者様への感染防止で信頼感アップ

近年では、衛生管理への意識の高まりなどにより、「院内感染防止対策をしっかり行っている歯科医院を探す」という患者さんも増えているようです。

しっかり対策を行い、そしてそれを医院のホームページや院内でアピールすることにより、患者さんへの信頼感UPと、集患に効果があります。

歯科医師様ご自身への感染防止

多くの患者様を治療する歯科医様ご自身が、一番感染のリスクが高いと言えます。感染予防を行うと、観血処置が日常的な業務である先生ご自身、そしてご家族の安心に繋がります。

歯科衛生士様への感染防止で、定着率アップ

感染予防対策の徹底は、従事する歯科衛生士様の身も守ることになります。「安心で安全な職場である」ということが目に見えることで、なんと歯科衛生士様の歯科医院への定着率もアップします。

どういうことかといいますと…

定着率アップのひみつ
感染予防と定着率の関係

ポリ袋の活用で、清掃の手間削減

当サイトでご提案する、「ポリ袋を使った感染予防」の方法を実施すると、治療終了後には器具に使用していた袋を捨てるだけなので、アルコール消毒など様々な清掃の手間を削減することが出来ます。

感染防止・院内感染予防の方法

滅菌

オートクレーブを利用した、器具の滅菌処理

殺菌

殺菌水等を使用した拭き掃除での殺菌処理

ディスポの活用

ディスポーザブル(使い捨て品)を使用し、患者さんごとに新しいものへ交換

ポリ袋の活用

オートクレーブ滅菌が出来ない、取り外しができない器具等の対策にはポリ袋をカバーとして使用

ポリ袋なんてどうやって使うの??

取り外しできる器具は、滅菌器へ。では、取り外せない部分は?

タービン等、取り外しが出来ない器具や、滅菌器に入りきらないサイズのもの(ヘッドレストやライト等)の感染防止対策は、どのようにすれば良いのでしょうか。患者さんの治療前に、毎回全ての器具を殺菌・消毒清掃を行うのは非常に大きな労力と時間を必要としてしまいます。

しっかりと殺菌・清掃した後、器具にポリ袋を被せる。

取り外しができない器具にポリ袋を被せておくことで、直接血液や唾液が付着するのを防ぎます。治療後は、その袋を取り外して捨ててしまい、新しいポリ袋を被せるだけで、次の患者様の治療に移ることが出来ます。

ポリ袋の便利な活用方法について

Menu

ポリ袋の使い方

感染防止ポリ袋の正しい使い方についてのご紹介

サイズ一覧

在庫対応している感染防止ポリ袋のサイズ表と、対応器具についてご説明

サンプル請求

感染防止ポリ袋の無料サンプルをご希望の方はこちらをご覧ください

インタビュー

はなだ歯科クリニック、花田先生へのインタビュー内容全文

電話・メールでのお問合せはこちら

弊社はポリ袋の製造メーカーです

お電話でのお問合せはこちら

0778-23-7733

営業時間:9:00~12:00 午後 13:00~17:00 

営業日:平日(月曜~金曜) ※祝・祭日は休業