営業時間
9:00〜12:00/13:00~17:00
営業日
平日(月曜~金曜)

お問合せはこちらへ

0778-23-7733

内感染予防 ポリ袋の活用方法

取り外し出来ない器具への活用方法

取り外しが出来ず、滅菌器にかけられない器具への活用方法について

通常通り、機器の消毒をする

タービンやコントラ等、治療に使用する器具を通常通り消毒・滅菌します

消毒後、すぐに感染防止ポリ袋を被せる

目玉クリップなどで、袋が外れてしまわないように止めます。

治療前は、「袋を被せて保管」の状態に

タービンやコントラ、その他治療に使用する器具全てに袋を被せておきます

治療開始時に袋を破る

袋の頭を突き破り、治療します。

器具の「取り外しができない部分」は、袋で保護された状態を維持します。

治療後は袋を廃棄・器具を取り替える

治療後は袋を廃棄します。次の治療用に器具をセットした際に、新しい袋を被せます。

 

このようにすることで、取り外せない部分=消毒や滅菌が難しい部分をポリ袋で保護し、唾液や血液等が付着するのを防ぎます。

ヘッドレスト等、大きい=滅菌できない物への活用方法

サイズが大きいため、滅菌器にかけられない器具への活用方法について

器具に袋をかぶせる

ヘッドレストや無影灯など、滅菌器にかけることができない器具に袋を被せます

袋が外れないように口を結ぶ

治療中に外れてしまうことがないように結んでおきます

袋を被せた状態で治療を行う

治療後、次の患者さんを治療する前に袋を取り替えます。

 

ポリ袋を使って院内感染予防

治療器具は原則としてオートクレーブ滅菌が望ましいのですが、取り外しが出来ない器具(タービン等)や、滅菌器に入りきらないもの(ヘッドレスト等)については、殺菌水の噴霧、拭き上げの後にビニール袋を被せて感染を予防します。

 

治療の度にビニール袋を破って器具を使用することにより、患者様や医師、歯科衛生士への感染を防ぎます。

 

ポリ袋を患者様ごとに取り替えるだけなので、手軽に院内感染予防ができる他、「袋で保護している」ことは目に見える対策なので、医院への信頼度アップにも繋がり易いです。

電話・メールでのお問合せはこちら

弊社はポリ袋の製造メーカーです

お電話でのお問合せはこちら

0778-23-7733

営業時間:9:00~12:00 午後 13:00~17:00 

営業日:平日(月曜~金曜) ※祝・祭日は休業